ポスターが届いたらした方がいいこと&シワができた時の対処 | ポスター飾り方講座vol.10 | ポスター屋さんismirai home | 北欧ポスターとインテリア雑貨のお店

2020/04/08 18:58

北欧ポスターとインテリアのお店ismirai homeです。 こちらの連載ではポスターのある生活がさらに楽しくなる飾り方のアレンジをご紹介していきます。 ***

第10回目ではポスターが届いた時にして欲しいことです!
シワなくきれいな状態でフレームに飾れるように、
ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。


|| ポスターが届いたらして欲しいこと


1分の動画にまとめたのでぜひご覧ください♩



まずポスターは配送料金を少しでもお安くできるように丸めての配送となります。(ご理解いただけると嬉しいです。)

そのため開封した際に丸まったクセがついています。

届いたらすぐに広げてフレームに入れず、
このように「優しく広げて、自然とクセが収まるのを待つ」のが一番いいです。
特に大きいポスターほど気をつけて広げると良いです。
無理矢理クセを伸ばそうとして、いきなり広げたり、反対側に丸めたりするのが一番のNGです。
その理由は次へ...!


|| どうしてクセがつくの?


実は紙にも紙目と呼ばれる向きがあります。

目流れに従うときれいに丸めることができますが、

目流れと反対(垂直)に丸めると、シワや折れの原因になります。


紙を折った時に折り目がガタガタして爪で伸ばす、、、という経験ありませんか?

それも紙目が反対だから起きる現象なんです。




|| もしシワや折り目ができちゃったら?


とはいえ気をつけていても、大きい紙だと油断すると折れ目がついてしまうこともあります。
その場合の対処法をご紹介します!
【こちらは加減などもあるので、自己責任でお願いいただけると嬉しいです。】
《用意するもの》 ・霧吹き or 水
・布巾 or ティッシュ
・ドライヤー
《やり方》
[1]布巾またはティッシュを霧吹きなどで軽く濡らす。
[2]ポスターの裏面(重要!!)からシワや折り目がついた部分を軽く湿らせる。

[3]放置するか、ドライヤーで伸ばすように乾かす。




|| まとめ



<やった方がいいこと>
・自然に優しく広げて伸ばす

<NGなこと>
・いきなり無理矢理広げる
・丸まりクセと反対むきに丸める

こちらのことに気をつければ簡単にきれいに飾ることができます!
ぜひポスターが届いた際にお試しください♩


次に読みたいおすすめ記事








ismirai home

イズミライホームはふたりのデザイナーがはじめた北欧ポスターとインテリア雑貨のお店です。

お気に入りのインテリアに囲まれた生活を楽しんで、豊かな気持ちで暮らしてほしい。

そんな想いから、生活に取り入れやすいデザインのポスターをお届けしています。