《簡単レシピ付き》本場フィンランドからやってきた!エクベリのシナモンロール | ポスター屋さんismirai home | 北欧ポスターとインテリア雑貨のお店

2021/02/14 03:32


「エクベリ(Ekberg)」は1852年にヘルシンキで創業した

なんと《フィンランド最古のベーカリー》です!

そんなエクベリのポップアップショップが

10月に松屋銀座で開催されました。

日本には初上陸です!

そんなシナモンロールを買いに行ってきました( ..˘˘ .. )


味はカルダモンが効いていて、コーヒーとぴったりでした!

生地はしっとり重め系で食べ応えのある感じ。

日本のパン屋さんで売っているものとは全然違いました。


焼く前の鉄板の上に並んだシナモンロール。

フィンランド流のシナモンロールは「コルヴァプースティ(Korvapuusti)」と呼ばれます。

意味は「ビンタされた耳」というちょっと笑えるもの(笑)


右の男性がエクベリのマスターベーカー セルゲイ・ムラトフ(Sergei Muratov)さん。

ちょうど彼が実演する時に行けたので、せっかくなので作り方をまとめてみました!

実演の動画と画像にイラストでまとめたのでぜひご覧ください♩


||シナモンロールのレシピ


☑︎薄力粉…200g

☑︎強力粉…250g

☑︎牛乳…250ml

☑︎砂糖大さじ31/2

☑︎カルダモン大さじ1/2

☑︎塩小さじ3/4

☑︎溶かしバター…75g

☑︎卵…12

☑︎シナモン・グラニュー糖たくさん

☑︎ドライイースト小さじ2



||作り方

[1]薄力粉と強力粉を合わせておく。

[2]ドライイースト、砂糖、塩、カルダモン、卵、牛乳で溶かすように混ぜる。

[3]21の半分を入れます。混ざったら、残りの半分を入れます。

生地が緩いようなら薄力粉を足してください!


[4]湿らせた布を被せて、ラップをしてから30分から1時間発酵させます。 おおよそ生地が2倍になるまで発酵させてください。

[5]生地を67mmで均等に伸ばしていく


[6]バターをたっぷり塗る

たくさん塗る方がより良いそうです


[7]シナモンと砂糖を混ぜたものを振りかける

[8]均等に手のひらで馴染むように広げる



[9]上下から生地を丸めていく

コツは生地がくっつくように伸ばすように丸めること


[10]真ん中に切り込みを入れて二つに分ける

[11]45cmに均等に切っていく



[12]生地の真ん中を親指でしっかり押しつぶす

両端がくっついてもいいくらい、割としっかりめに。


[13]鉄板とクッキングシートに入れたら、砂糖をまぶす
[14]810分焼けば完成



実演中の動画はこちらにアップしています!


意外と簡単じゃないですか(*^^*)?

実演でみてる時もささっと作ってしまう姿をみて、

早く自分でも作りたくなっちゃいました♩

ぜひ皆さんも機会があったら、作ってみてください!


いつか本当にフィンランドのエクベリで、

シナモンロールを食べるのが夢です♡


ついブックマークしたくなるような

素敵な小話や習慣をお届けする雑誌のような特集コラムです。